前へ
次へ

パーソナルトレーニングを受けられるところ

やはり、せっかくトレーニングを実践するなら、マンツーマンでしかるべき知識と技術を持ったインストラクタ

more

パーソナルトレーニングで結果を残しましょう

今から実際に、パーソナルトレーニングで結果を残すつもりでいるなら、どこでトレーニングを受けるのが最も

more

女性専用のパーソナルトレーニングジム

半年ほど前にジムを変えました。というのも、色々可愛いウェアを着たかったのですがウェアって結構肌にピッ

more

パーソナルトレーニングで腹筋を作る

お腹周りを引き締めたいと感じている人は多くいますが、なかなか腹筋運動をやる機会がなかったり続かなかったりすることもよくあります。パーソナルトレーニングでは腹筋運動をすることで引き締め効果を促し、またシックスパックと呼ばれる割れた腹筋を目指すことができます。まずトレーニングを受ける前に知っておきたいのは、腹筋の能力やどういった作用があるのかということです。腹筋には体を支える機能があるのですが、必然的に腹圧で守られているともいえます。これは腹筋が弱くても体を支えるには、背筋との共同作業によって腹圧で立ち姿勢を維持することができるということになります。立ち姿勢で猫背になりだらしなく立っている状態をイメージしてもらうと、腹筋は抜けて腰の圧力で立っている状態になるので体がだるそうに見えるはずです。では腹筋が働かないでいいのかというとそうではなく、このだらしない姿勢をずっとすることによって腰痛を起こしてしまいます。ただの腰痛症であればまだいいですが、これが椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの症状へと発展する可能性があります。こうならないようにするにはやはり腹筋を鍛えて、体を絶ち姿勢でも支えるように作り替えることが大事です。よく腰痛症の人がクリニックなどで腹筋を鍛えなさいと言われますが、これはそういった姿勢の問題があるからといえます。またパーソナルトレーニングではシックスパックの腹筋を作るには刺激が必要なので、お腹に対する刺激を入れるようにきついトレーニングをさせることもあります。その前提としてしっかりと腹筋を使った運動ができるかどうかになりますので、腹筋トレーニングの過程において刺激を使ったトレーニングに移行します。間違ったやり方ではありませんが、通常のシットアップという腹筋よりもレッグレイズという足をベースにした腹筋トレーニングが有効なのは、それだけ筋肉に伸張性収縮をやっているからです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top